1片のアレルギー性鼻炎秋葉、風は見送る

2016-03-31

寒々として寂しい秋風に送った夏の暑さは.

Pは廊下に倚、そのビルが林立するフロアに、そこからは落葉に埋められているというくすんを見つけるようにしています,
早漏防止精力剤.風はゆっくりと吹き、鬱憤が少し連れ去ら、秋は寂寥、でも、とても豊かになる.寂しさを思わせる晩秋の晩年の老人がよたよた歩きかたわらに、疲れた、連れ合いにそっと寄り添って、数えて歩いた年月.実り豊かな秋は靑の恋が徐々に成熟に染めた.

思い出はあれらの本何を忘れるの事が次々と抜き出して、普通は一般の苦しみを自分の心が、落ち葉のように想像を枯れた事も心の底で埋めて、ただ風が吹くと、重なった落ち葉の下の腐敗も巻き込まれて、深く弥漫で心の間.

P秋の苦しみ,葉の枯れ、誰が分かるの?

枯れたる木にも咲く花のとき、まだ依然としての光り輝いて、同じ希望、その1筋緑かどうかは枯れて黄ばむ.

分からないのが多い時、手が鈍く,愛の深い時、頭が痛い.

1枚の落葉になって、従う風,アレルギー性鼻炎、しっかりと底辺のくすんと付きまとって行きます.

Copyright© 2012-2013 アレルギー性鼻炎の情報を扱うブログ All Rights Reserved.