紅茶は脳血管疾患を減らすこアレルギー性鼻炎とができます

2016-07-28

オランダの研究によると、毎日五杯の紅茶は脳血管疾患発症の危険を減らすことができるという研究が明らかになっている.紅茶と胃がないだけではなく、かえって胃をかう
ダイエット.よく飲む紅茶の紅茶,ミルクの紅茶、消炎、胃粘膜を保護する、治療潰瘍にも一定効果があります.

紅茶は温和で、香りが芳醇、まずは強健骨に愛之助ます.茶葉に豊富なフラボノイド類物質が含まれ、女性が骨粗しょう症の危険を減らすことができる.次に、紅茶を飲んでインフルエンザ、心筋梗塞、脳卒中と皮膚病などを予防することができます.研究し発見して、よく紅茶うがいまたは直接飲用がインフルエンザ予防の作用に富んで、紅茶などの微量元素のカリウム、醸造後、70%のカリウム可溶お茶の水内を強めることができて,心臓の血液循環を減らすことができて、カルシウムの体内での消費.毎日飲む人ご杯の紅茶、脳卒中の発症の危険は紅茶を飲む人は69%低い.

pは紅茶を飲むと体にたくさんのメリットがあります.研究は、紅茶は冠状動脈硬化症患者の血管機能を高め、冠状動脈硬化症患者の回復により健康を回復すると表明している.紅茶は発酵烘制で、発酵にお茶は酸化酵素の作用の下で赤くなって酸化物となり、紅茶.紅茶は温和で、味はまろやかで、多種の水の溶性ビタミンを含んで,アレルギー性鼻炎、また微量元素のカリウムを含んで、その中で70 %のカリウムは可溶に可溶ます.カリウムは心臓の血液循環の作用を強め、カルシウムは体内の消費を減らすことができます.紅茶に含まれるマンガンは骨構造に不可欠な元素で、紅茶は骨に対して強健もよい.国外には資料があり、よく紅茶を飲むと、インフルエンザ、脳卒中と皮膚がんの効果を予防する効果があります.

は、紅茶に1種類のフラボノイド化合物を含んで、その作用はアンチオキダント、中風と心臓病を防止することができます.アメリカ一項の最も新しい研究は表示:毎日紅茶を1杯の紅茶の人とお茶を飲んでないと比べて、前者は心臓病のリスクは後者より低い40 %以上低いことに罹患ます.

Copyright© 2012-2013 アレルギー性鼻炎の情報を扱うブログ All Rights Reserved.