相対的に、アレルギー性鼻炎無言

2016-03-30

の窓の外で,アレルギー性鼻炎、都市の車の流れ、人の流れ、音の波を乗せ、沒した思想のざわめき.今、私と私の影、すべてのはしゃぐのシーンに抵抗する.カラフルな色彩は光沢、靑春、靑春唖然は,この街の流れ、生き生きと非情にも殘酷.すべての日は急速に枯れ枯れて、それらは22008になって、大切にして、慌しくの時間、忘れるの国家に連れていった.

私の記憶の中ではすでにぼんやりとしていたことがある.

や、カラスは眠って、人は寝て、人寝、世の中の万物はすべてすでに眠っている.私だけで、夜俞深、兪を明確にして、負けてもし葉余地枯れ木、梁燕ように飛んでいく空き巢.

は、始めから、睡眠ができ、そして、怒って、眠れないと眠れない,これで夜の覚醒を验伤、別にかまわないでしょう??

月窓割り燭影、風葉乱琴の音が、うるさいのはたぶん名利を乗せの騒ぎ立てるだろう.

夜空に星、一粒一粒がなければならない.

着床前の西斜めの月、影はもう一回選んで、瀋黙.今、この孤独な物思いを味わって、私は知っていて、今、この孤独な物思いを.

私は夜の深い所、世界はとっくに疲れ果てます.私と私の影、相对无言,
漢方精力剤.

Copyright© 2012-2013 アレルギー性鼻炎の情報を扱うブログ All Rights Reserved.