独居老人認知症が世界のアレルギー性鼻炎難題

2016-07-15

現在世界が直面している人口は老化の深刻な問題の中には、もっと恐ろしいのは、認知症老人の世話独居難題によると、最近は全米540万認知症老人はなんと約はちじゅう万人の患者は一人暮らしで、これらの日常生活が他人に協力の認知症老人、一人暮らし無人確かに懸念の世話をする.

アメリカ予想2050年以前は、認知症患者の増加から1600万人、問題はさらに深刻に.老年認知症の問題を解決に協力して、アメリカされる全米の老年痴呆症計画は、高齢者の早期筛检増加し、乗って独居老人も行為能力の時、その规画未来の配慮計画.

東方人が家庭観念は比較的に重くて、問題ができて少し良いですが、どんどん老化速度もかなり驚異的で,中国ろくじゅう歳以上の高齢者が8500億人、老人認知以上の3000万人、中国は積極的に構築養老サービス体係、同時に上海は研究奨励若者と老人近くに住むは、適切な減税を探索は政府が提供する相応手当、励まし、子や親戚を在宅介護サービスを提供して自宅老人などの政策.

台灣にも対応し、認知症によると盛ん率調査ツイ評価、98年末の時点で、国内のコミュニティ認知病気じゅうよん万人以上で、国内の各級の長い照機構の認知の住民にも達しさん万人、このさん万人の認知と病気に安置され、一般長照機構が、認知世話専区、病友介護は明らかに不足.

衛生署昨年棚卸台灣長照資源を含め、入居機構、認知日中の配慮、家庭式サービス拠点、社政、医事コード体係サービス人力、よんしよ年後長照保険政策に出発すれば計画、需要に供給が大きな、しかも資源配分の不均衡.

台北栄総高齢医学センター研究によると、台灣の認知と病気で未来にじゅう年間,毎年増加5800人、経建がツイ評価、五年後2017年台灣では高齢社会を予想できる人口万人、2060年の半数近くが老人人口は、専門家は注意して、台灣は長期の世話に対して資源、人力育てや政策企画も、急ぐ.

p>と<認知人口は急速に増加し、推進認知症専属の世話をするモードになって,アレルギー性鼻炎、先進国の老人介護政策の指標性議題.幸い、最近は世界老年学及び高齢医学会理事長Bruno Vellas教授と北荣林芳鬱院長台北で署名アジア初の認知症研究専区.

台北栄総高齢医学センター期待し認知の世話を教研専区の成立について、認知症の予防に、各認知専区の人員訓練、配慮モードの創立と品質の向上が研究を全体的に計画を升格さ、専門能力、認知の世話を減速認知症状の悪化、増進認知長者の世話をする品質、待望の台灣からの世話を認知症老人で漸進佳境ので、私達のすべての」

Copyright© 2012-2013 アレルギー性鼻炎の情報を扱うブログ All Rights Reserved.