民工日記―――アレルギー性鼻炎した生活

2017-06-23

いち子供たちは夏休みに入って、あと10日ぐらいで、彼らと妻は私のここに来てくれます.最近電話、いつも彼らが来ることを聞いて、息子も私の電話に出た、生活はすでに少しにぎやかだ.今日、娘の学校が休み、家族も村に帰ってきました.おばあさんは粽を包み、私は食べたくありません、私はもちろん食べたくなりました.

は妻と子供たちが来た後に、私はできるだけ外食する、減少、自分が多めに時間を家族と一緒に.

に住んでいたところ、できあいのご飯を食べなくて、服を洗って、子供たちに囲まれてそばにいるような家の様子.

娘は物静かすぎる、性格は内向的で、読書も一般的です.娘の話は少ないが、もうすぐ成長して、たとえ私を怒らせた地方、私も少ない殴り合いに彼女は、息子は、数回殴り私に叱られた,
レビトラ.

の過去、私は朝寝坊をすることが好きで、寝出勤前に半時間に起きた、日曜日は寝て日が高く昇って、今、私は意識的に早起きして、朝食を準備して行きたく子供たち、自由市場の選び野菜、これは生活の楽しみを感じ.

退勤時間になると、私は物を片付け、自転車に住んでいるところからへ急いで、住んでいるところが可愛い私の家族は私を待っていて.私は鍵、ノックした後、時には娘が開き、時には息子が開き、ドアを開けたら衝微笑んで、息子は私を渾身の臭汗飛びかかってきて、私はそんなにの充実.時々、娘と息子の部屋で物を奪うためけんかけんかで、子供は面白い、けんかの言葉に何の意味があって、私は横にだれも手伝ってくれないと、このように鑑賞して.しばらくして、2人のおやつはよく影の形に添うが如く、この時、私は見た素晴らしいマイクロ映画、すべて私の脳裏に刻む.

さん昨日の夜、妻は晩御飯を食べさせないで、彼らはレストランに食事をしに来ます.二人の子供が来る、私は更に体得妻のは容易ではない、一人二人の子供を連れて、確かに疲れて.

時の4つの料理は、味はいいが、妻で飲料敬してるんだけど、子供は親としての責任と義務が,アレルギー性鼻炎、妻は私を結婚後の艱苦、私は置いて、心の中の.私たちといっしょに歩いてきて、払う人より多くて、人より大変で、もちろん,私も知っていて,このように私たちは幸せな理解もより深く.

よんしよp> <私のバイトのこの町の公園では、私の子供たちを连れても、まったくないどこかに行った.夜、仕事の後、私たちのスーパーマーケットをぶらぶらして、娘と息子が大好きで、エレベーターに座ることができて、食べ物を買います、スーパーの誘惑は公園より大きい.

私は都会に出て、私は本当に彼らが遊んで足りないことを恐れて、ものを食べてまた彼らの口の小さいことを恐れます.彼らは楽しく遊んで、満足して、健康で楽しく、私の心は喜びに満ちあふれている.

前には本屋に行って、娘は自分の好きな書籍を選んで、息子も何冊買った

Copyright© 2012-2013 アレルギー性鼻炎の情報を扱うブログ All Rights Reserved.