アレルギー性鼻炎症の原因と注意事項を説明します

アレルギー性鼻炎症の原因

1、喘息があることです。

喘息あるいはアレルギー性鼻炎家族史がある児童は、アレルギー性鼻炎が発生するリスクは普通の人の群れに2 – 6倍で高くて、ぜんそくなどのリスクが3~4倍で高いです。多数は先に鼻炎が現われて、それから喘息が発生します。 少ない部分は先に喘息を患って、その後鼻炎が現われます。あるいは両方が同時に起こります。それによると、アレルギー性鼻炎と喘息の発病が明らかな相関関係があります。

2、アレルゲンを吸入して: アレルギー性鼻炎の季節的に発病を引き起こすのは花粉で、例年性患者の病原体は室内粉塵、キノコ、動物の羽あるいは毛皮などです。

3、アレルゲンを食べて: 児童の食べ物アレルギー者は成人より多くて、生な食べ物は熟したことの食べ物より病原性をさらに多く持ちます。常見の食べ物はたとえば、牛乳、卵、魚エビ、豆類と少しの薬物は例えば、スルフォンアミド類、抗生物質の類などです。

4アレルゲンと接触して:主に人体の皮膚など直接接触して、化粧品、せっけん、新鮮ペイント、のりなどです。

5、菌性抗原: 感染した菌形成者を引き起こすことから、たとえば菌、ウィルスなどです。

6、薬剤性抗原: 注射あるいは経口投与剤から形成して、たとえばペニシリン、スルフォンアミドの剤などです。

7、遺伝と関係があります: アレルギー性体質と遺伝子は関連して、通常は遺伝のためです。

アレルギー性鼻炎の注意事項

1、鼻のアレルギー者は過敏な源を避けなければいけなくて、たとえば花粉、家の中ダニ類、毛布あるいは動物の皮の屑などです。

2、普段冷たい食品又は寒し性食物はできるだけ食用しないでください。 たとえば冷たい飲み物、アイスクリーム、コーラ、非常に冷たい果物、ツルレイシ、白菜などです。

3、エアコンでの環境の時間は長すぎないで、扇風機はまっすぐに吹きません。

4。 寒い天気の時、朝おきた後は、手で足の穴をマッサージして、熱い水を飲んで、外出は防寒保温に注意します。

5。 温水で鼻腔を洗います。

Copyright© 2012-2013 アレルギー性鼻炎の情報を扱うブログ All Rights Reserved.