アレルギー性鼻炎のメカニズム

ド—パミンとはやる気や元気、ほどよい1感などをもたらし、頭をすっきりさせるという役割があります。ところが糖質を摂ると、 血^^のに伴い、ド—パミンの分泌里が低下。おのずと、やる気が落ちて眠くなり、だるくなっても欠けてしまうと いうわけです。
宁中は仕事がバリバリできるゴールデンタィムと呼ばれますが、蒼に糖を摂らなければ、もにゴールデンタィムを継絞 できる。より的に仕事をこなすことができますから、成上げたり成ばすことも可能になります。
ある進校では、すでにそんな断销果に着目してい学校があるとか。ご飯やパン、のある調味料など、を使わない食 事を用意して食べることで、ので居眠りする生徒は激減。も高まっているといいます。
*頭の良い人は、もう断糖を始めている。
アレルギー性鼻炎のメカニズム
アレルギー性鼻炎の主な原因は、抗原抗体反応によるものです。空気中を浮遊しているスギなどの花粉やハウスダストなどのアレルゲン(抗原)が鼻粘膜に付着すると、体内に抗体が作られ、肥満細胞という名の細胞とくっつきます。
その後、再びアレルゲンが侵入すると、肥満細胞からヒスタミンなどのアレルギー誘発物質が放出され、ヒスタミン受容体(ヒスタミンを受ける鍵穴)と結合し、鼻水、鼻づまり、くしゃみ等のアレルギー反応を起こします。

Copyright© 2012-2013 アレルギー性鼻炎の情報を扱うブログ All Rights Reserved.